タグ別アーカイブ: 毛ガニの蟹味噌

うまいタラバガニの分別法

うまいタラバガニの分別法は、

外から触った感触がこちこちのタイプや厚さを感じる事が出来るタイプが、

身が豊富に入っていると言われるものです。

目にすることがあった時点で、探ってみると認識出来るでしょう。

よくある毛ガニは、甲羅の大きさが11~13cmほどの大きくないカニで、

捕獲の出鼻の頃は、紫色に近い色の褐色に見えるのだが、

茹でることで美しい赤色に変わるのです。

普通に食べるのもうまい花咲ガニというのは、

ぶつ切りに切って味噌汁として召し上がるというのも堪能できます。

北海道の地では、カニが入っているこういう味噌汁を「鉄砲汁」と言う名で呼ぶそうです。

特徴ある毛ガニの蟹味噌は、

濃い目の味の絶品となっています火で甲羅を熱くして、

日本酒を加えてその香りを部屋中に充満させて、

毛ガニの味噌と身を重ねてから頂くことも最高ですよ!

人気のズワイガニは11年の年月で、

いよいよ漁獲可能なボリュームに育つことになります。

そのような事で収穫量が少量になり、

カニ資源を保護しようという話が持ち上がり、

海域の1つ1つに相違した漁業制限が設定されているのです。

一口でも口にすれば非常に独特の味のワタリガニの最高の季節は、

水温が低くなってしまう晩秋から陽春にかけてだそうです。

このシーズンのメスは更に旨いので、お歳暮などの贈り物として扱われます。

獲れる量がわずかなので、

昔は全国各地での取り扱いは考えられませんでしたが、

通販が浸透したことで、日本の各地域で花咲ガニを召し上がることが簡単になりました。

昆布を主に食べ成長した花咲ガニは、

おいしいだしが出るので、鍋物でいただいても良く合います。

このカニの水揚量は多くはなく、北海道外で探しても多くの場合売られていません。

漁期が決められていますから、

ズワイガニの旬となっているタイミングは、

本来では12月ごろで、期間的にも進物にしたり、おせちの一品で使われているはずです。

毛ガニ通販、日本に住んでいるなら一度やってみたいものです。

年の初めに一家団欒で食卓を囲んだり、

寒い寒い冬カニいっぱいの鍋をわいわいつつくのもこの国独自のものでしょう。

カニを浜茹ですると、身が縮小されることも考えられないし、

元々ある塩分とカニの甘さがしっくりと適応する感じで、

シンプルとはいうものの品質の良い毛ガニの味をじっくりと食する事ができるのです。

生きているワタリガニをボイルする場合に、

その状態で熱湯に入れてしまうと、

自ら脚を切り取り散らばってしまうため、

熱くなる前より入れておくか、脚を結んで煮る方がおすすめなのです。

卵を保有している雌のワタリガニの方が、

普通の雄よりも晩品です。若干、食べにくい胸の身や鮮度の良いミソの部分には、

雄と雌に考えていたほどの開きは感じられませんが、卵は良質で味わい深いです。

活き毛ガニというのは、直接的に獲れる現場へ向かい、

良いものを選んで仕入れをしなければいけないため、

出費とか手間が必要になります。

それゆえに、活きた毛ガニを販売している通販店はあまりないのです。

甘い身が繊細でとても柔らかい本ズワイガニこそ、

水揚されたものを直送してくれる通信販売のかにを選択してください。

通販のお店で本ズワイガニを購入してみれば、

先ずどう違いがあるか明確になるのは絶対です。

広告