タグ別アーカイブ: 鍋

北海道から蟹を直接お届けの通信販売

花咲ガニが他と比べ特別なのには、

根室半島で充分に生い育つ主食となる昆布が関わっています。

昆布を主食に育つ花咲ガニであるからこそ、

最高級のコクと旨味を備え持っています。

なんといっても花咲ガニは

他にはないほど生殖しているカニの数が少ない故に、

漁猟のできる期間はなんと7月~9月だけ、

だからこそ、味の最高潮は9月から10月のみとたったこれだけ?と驚くほど短期間です。

お正月の喜ばしい風潮に楽しさを加える鍋料理を作るなら、

毛ガニを取り入れてみてはどうですか?

ありふれた鍋も一匹だけでも毛ガニがあるだけで、

突然にボリュームのある鍋に変わるでしょう。

ほとんどの毛ガニは、

甲羅の長さが10~12cm前後のそんなに大きくないカニで、

捕獲の出鼻の頃は、紫色のような褐色となっていますが、

煮ることで明るい赤色に変化してしまうのです。

希少なカニでもある格別な花咲ガニの味。

白黒明白になる一種独特なカニなのですが、

びびっときたなら、ひとまずは賞味してみるべきではないでしょうか。

なんとタラバガニの水揚量の大部分は最北の地北海道ということなんです。

であるから、質の高いタラバガニは、

北海道から直接お届けの通信販売を使って

お取寄せすることをおすすめします。

深海で漁獲するカニ類は生き生きと泳ぐことはないのです。

荒々しくしょっちゅう泳ぐワタリガニの素晴らしい身が、

しっかりしていてジューシーなのは不思議ではないことだと聞かされました。

毛ガニ自体は、観光地が多い北海道では有名なカニだと言われているとのこと。

胴体にきっちりと入っている身や

甲羅部分に詰まっているカニみそを、

何度でもゆっくりと味わってほしいと感じます。

親しまれている味のタラバガニを戴きたいなら、

どの専業店を選択するかが肝になります。

カニを茹でる順序は難儀を伴うので、

かに専門店の腕の良い職人さんが、

ボイルしたカニを味わいたいですよね。

甘みのあるタラバガニの区別方法は、

外から触った感触がこちこちのタイプや重みや厚みを感じる事が出来る種類が、

身が多く入っている事で知られています。

鮮魚店などに出向くことが与えられた場合には、調べると把握出来ると思います。

息のあるワタリガニをボイルしようと、

手を加えずに熱湯に加えてしまうと、

自ら脚を切りバラバラにしてしまう為、熱くなる前に入れておくか、

脚をくくりつけて茹でるようにした方がおすすめなのです。

冬の美味と言ったらカニは絶対はずせない!

本場北海道の最高の味を思う存分満喫してみたいと考えたので、

通販で販売している、すごく低価格のタラバガニを探ってたのです。

毛ガニときたら北海道しかありません。

原産地・直送の毛ガニの獲れたてを、

通信販売で買ってほおばるのが、

冬の季節絶対の道楽っていう人が大勢いらっしゃるのはほぼ確実でしょう。

年間の漁獲量がわずかなので、

過去には日本各地で売買がありえなかったのが、

通販が広く広まることで、全国各地で新鮮な花咲ガニを賞味することができちゃうのです。

カニの王者タラバガニにも引けをとらない食べ応えと、

タラバガニでは得られない芳醇なテイストを

探求している人には何といっても堪能できちゃうのが、

あの根室が漁獲地の花咲ガニなのです!

広告